【ベルメゾン】薄くてひびかない汗とりハーフインナー

薄くてひびかない汗とりハーフインナー
¥1,290(本体¥1,229)
●素材/綿、ポリエステル、ポリウレタン(ストレッチ天竺)・ストレッチラッセルレース使用
●色/ブラック・ヌードベージュ・サックス  

●サイズ/S~LL

 

今回はヌードベージュのMを購入したので、着心地をレビュー!

 

◆汗とりハーフインナーの着心地

普通の半袖インナーよりさらに肌への密着度は高く、ピチピチのチビTを着ている感じ。
何と言っても、このハーフインナーに課せられた至上命題は

「死んでも脇から汗とりパッドをずらすな!」なのだから、コレくらいは密着してないと。

最初に着る時は少し窮屈だけど、薄くてストレッチ素材だからか、

着ているうちに肌の一部と化したかのように存在を忘れてしまうのが不思議。

ブラジャーと一体化する感覚に近いかも。

 

表から脇部分を見たところ。
パッド部分のステッチがあるだけで、いかにも「パッドが中に入っています!」的ゴロゴロ感はまるでなし。触ってみると、少しだけクッションみたいなふわふわ感。たっぷり吸いそう!

素材は肩がメッシュレースで蒸れないように。
レースといってもでこぼこはまったくないので、チクチク感は皆無。

脇の汗とりパッド部分を中から見たところ。
生地が2枚重ねになっているものの、肌に密着するところに縫い目が当たって気になるということはまるでなし。ふわっとした肌触りがここちよい。

 

 

 

◆ハーフインナーはどこまで見えるのか?

●着丈:ブラジャーのアンダーと同じ。
●前 :胸元は全く問題なく、横はブラのストラップ位置くらいまで開いている。
●後 :あまり大体に開いたアウターはNG。普通のカットソーくらいなら大丈夫。

 

肩は、ノースリーブブラウスよりやや長め。
通常の半袖シャツやニットならばまったく響かないけど、袖が短めのチュニックだとちょっと腕を上げ下げすると見えちゃう?いうレベル。

 

ここでもやっぱり大事なのは着方。
短い袖のものを着たいからと言って、ぎりぎりまで捲し上げてしまうと、脇も引っ張られて、汗とりパッドがきちんと脇に当たらず、普通のタンクトップを着てるようになり、このインナーの意味がない。

◆ハーフインナーの意外な効果

汗とりハーフインナーはとにかく肌にぴったぴたなので、パッド部分はびくともしない。

これは本当にストレスフリー!

「ずれを気にしなくていいって素晴らしい♪」

朝バスに乗り遅れそうで、汗だくでダッシュしても、ずれてなかった!
汗ジミもない!
で、最近ふと気がついた。このハーフインナーのピチピチ効果。何にいいのかというと・・。

「寄せてあげた"モノ"が落ちてこない!」

殆ど「袖付ブラジャーサポーター」と言っても過言ではない(笑)
私の無理に寄せて上げた胸の谷間が持続しているのだから・・・。

 

すっかり「いろんな意味」で魅了されてしまった「汗とりハーフインナー」。
これはまとめ買いして、ヘビーローテーションしかないでしょう。

 

【今回のレビュー商品と同等の商品(2011年版)】

アウターからはみ出さない汗取りハーフインナー(サラリスト) 990円 (ベルメゾンネット)

ワキサラクールパーフェクト 1980円(ベルメゾンネット)